アニメ

【アニメ】「女子高生の無駄づかい」が無心で見るとドハマりしてしまう件

全く事前情報なしに見始めたアニメが面白いときの高揚感が大好きなアニッパです。

「女子高生の無駄づかい」って知ってますか?

僕はまったく!知りませんでした。

ただ!先に言っておきます。

見たほうがいいですよ!

事前情報なんて全く知らなくていいです。


なんなら原作のマンガも存在していますが読まなくても120%楽しめます。
(アニメ見終わったら後で読みたくなるんですけどね。)

プライムビデオで面白いアニメを探しているなら早く見てほしい作品なので、まだ見ていない人はすぐ見て。

12話構成でオススメの回は全部。

全部くだらない話なんですが、1話に1回はツボにハマるシーンがあります。

このアニメ注意してもらいたいのが、冒頭シーンあるので早送り、スキップ機能はしたらダメです。

EDが終わった後もショートストーリーがあるので、絶対に早送り、スキップ機能は禁止。

そこがめちゃくちゃ面白いことがあるので。

興味沸いたら・・・いや、興味ない人でプライムビデオに加入済みなら今すぐ見て。

『アレクサ。「女子高生の無駄づかい」つけて。』

て言ったらすぐに再生してくれます。アレクサは超有能。

こんな人におすすめ

  • 面白いアニメが見つからず暇で暇でしょうがない
  • 仕事がしんどさを笑って忘れたい
  • とにかく笑って元気出したい人

こんなアニメを見ている人ならハマります

  • 「この素晴らしい世界に祝福を」
  • 「プリズンスクール」
  • 「銀魂」
  • 「男子高校生の日常」

共通しているのは、
「どうやったらこのネタを思いつくの?」と作者の方に興味が沸いてしますところです。

どこがおもしろいのか?

  • キャラの個性がハッキリくっきり際立っている

⇒全員!この作品のすごいところは全員のキャラの個性が強く、そのキャラ達が絡んでいくので面白い。

  • しょうもない

⇒内容はぺらっぺらですよ。ただ面白ければなんでもあり!

  • 1話の中に温度の上り下がりがある。

⇒「ロボ」というあだ名のキャラがキーマン。

見た後どんな気持ちになるか?

  • 笑っている一瞬は疲れも嫌なことも忘れられる。

⇒これ大事。仕事で疲れていても、寝るまで疲れてるとしんどいじゃないですか。それを一瞬でも忘れさせてくれるパワーが「女子高生の無駄づかい」には秘められています。

  • 面白かったシーンがもう一度見たくなって、見返すと気づいていなかった場面でさらに笑ってしまう。

⇒ここ見落としてた。こんなシーンあったのかよ!となって気づいたら2周目見てしまいます。

  • 笑ってテンション上がったままお布団で寝れます。

⇒これ重要。笑い疲れて気持ちよくお布団と友達になれます。明日の仕事のことなど忘れられる幸せ。

もっと面白くなれる+αポイント

公式PVでチラッと紹介。

公式HP
http://jyoshimuda.com/onair.html

1話 あらすじ

かつてとあることをきっかけに何となく疎遠になってしまっていた田中、菊池、鷺宮の三人は、偶然にも同じ高校に進学したことによって再会を果たす。久しぶりに会う旧友を前に、ぎこちなさを隠せない菊池だったが、昔と何一つ変わらない田中と鷺宮のやりとりを見ているうちに、自然とツッコミを入れてしまう。クラス分けでも同じクラスになった三人は、そのまま入学式に出るが、途中から何やら落ち着かない様子の田中。入学式を終えて、教室へと向かう途中で、田中は取り返しのつかない失敗をしてしまったと話し始める。

http://jyoshimuda.com/story.html

アニメ以外の情報いろいろ

  • 放送は2019年7月~開始。現在は放映終了。全12話。
  • OP曲⇒「輪!Moon!dass!cry!」

バカ、ヲタ、ロボの声優3人が歌っています。この曲耳についてしょうがない。仕事中に脳内放送でリピートしまくりです。

  • 7話に校歌として挿入された「さいのたま女子高等学校 校歌」の歌詞が最高なので、7話を見る時は要注意で見てください。

おい、歌詞つけたやつ呼んで来いって思います。

  • アニメが見終わったらすぐに見てほしいWEBマンガ!

https://comic.webnewtype.com/contents/joshikosei/

全部読めるわけではありませんが、アニメ見た後に感じる
「原作も面白いんじゃないか?気になる・・・」

その気持ちを高めてくれるポテンシャルがマンガ版にもあるのでぜひ見てください。

「2期やってくれ!」という気持ちが高まることでしょう。

くそ!85話はアニメで見たくてしょうがない!絶対面白くなる!

出演声優から期待してしまうポテンシャル

まずはキャラ別声優紹介

田中望「バカ」(CV:赤崎千夏)
菊池茜「ヲタ」(CV:戸松遥)
鷺宮しおり「ロボ」(CV:豊崎愛生)
百井咲久「ロリ」(CV:長縄まりあ)
山本美波「ヤマイ」(CV:富田美憂)
一奏「マジメ」(CV:高橋李依)
染谷リリィ「リリィ」(CV:佐藤聡美)
久条翡翠「マジョ」(CV:M・A・O)
佐渡正敬「ワセダ」(CV:興津和幸)
久条琥珀(CV:上田麗奈)

  • 戸松遥さんのツッコミと養分吸収している時のオタク役は適役で毎回笑ってしまう。
  • 豊崎愛生さんのお顔を知っている上で見る「ヲタ」役はギャップで笑える。
  • ロリ役の声が適役。おばあちゃんに甘える時と、周り強がっている時のシーンが最高。
  • 「この素晴らしい世界に祝福を」を見た後で「マジメ」を演じる高橋李依さんの声を聴くとキャラが書き消される。
  • 「ワセダ」=「アンドレ」(プリズンスクール)を知った時の絶望。これもキャラが書き消される。というか、書き消すほどの「プリズンスクール」が悪い。いい意味で。
  • 「けいおん」声優が2人揃っていることにびっくり。

まとめ


まとめ読む暇があるくらいならすぐにアマゾンプライムで「女子高生の無駄づかい」を見てくれ!

近くにアレクサがいるならすぐに

『アレクサ。「女子高生の無駄づかい」つけて。』

ていうだけの簡単なお仕事ですよ。
スマホならすぐにアプリダウンロードして、いつでもどこでも楽しめるように全12話ダウンロードリストに入れるだけ。

これでカフェや電車の中でいつでもどこでも見れちゃいますよ。

あ、外で見る時は笑っても気持ち悪がられない場所、TPOを考えてくださいね。

まだマンガ見てないから早く買いに行かないと。

あなたもアニメで一日の元気が補給されますように。

では。アニッパでした。